キャッシングの返済情報なら

カードローンの金利を比べた話です。

現在カードローンを行っている貸金業者は日本に1万以上もあるといわれます。その中から、どのカードローン業者がいいのか、比べるのはほとんど不可能です。

どういった点に気をつけて比べることが大事なのか、カードローンを利用する前にしっかりおさえておきましょう。やはりカードローンを申し込む上で、金利の負担がどのくらいになるのかが一番気になるのではないでしょうか。
カードローンの金利を比べると、銀行系のカードローン業界、信販系のカードローン業界、そして消費者金融系のカードローン業界という順番で、金利が高くなっていく一般的傾向があります。

具体的にみていくと、住信SBIネット銀行が借入利率では最も小さいといえます。借入残高によりますが、住信SBIネット銀行では年3.5から10パーセントとなっていて、保証人も不要なので、カードローン業者の利用候補にするとよいでしょう。

次に安いのは、オリックスVIPローンカード、みずほ銀行ローンカードと続き、それぞれ年3.5から14.8パーセント、年4から14パーセントとなっています。おおよそですが、銀行系のカードローン業者の場合、最低金利が4パーセント台で、最大利率は14.5から18パーセントぐらいとなっています。
これらの銀行系カードローン業者の場合は、低金利で借りることができる反面、審査が厳しいという場合がありますので、その点は考慮しておいたほうがよいでしょう。なお、審査の早さについては、最短では即日で審査結果が出るので、この辺で他の系統のカードローン業者とは差がないといえます。

他方でアコムなど消費者金融系のカードローン業者の場合は、最高金利は銀行系と比べてやや高めですが、それよりも最低金利の率が10パーセント以上の場合もあり、少額を借りても負担が大きくなる場合がありますが、その代わり銀行系のカードローン業者と比べて審査が比較的緩やかである傾向というメリットがあります。

金利を一つとっても、様々なカードローン業者があり、金利だけが全てではありませんが、借りた後、長時間をかけて返済をしていくときの負担を大きく左右します。また借りる金額によって利率が異なりますので、自分が借りようとする場合にどの利率が適用されるのか、また将来払わなければならない金利がどのくらいになるのか申し込むときに、聞いたほうが良いでしょう。
PR:キャッシング比較ならキャッシング比較情報.com