キャッシングの返済情報なら

自己破産でもカードローンを利用できるか説明します。

カードローンを利用していた方々の中には自己破産をした方もいらっしゃると思います。それでは自己破産をするとその後一切カードローンは利用できないのでしょうか。この点についてみていきましょう。
そもそも自己破産とはネガティブなイメージがあるかもしれませんが、多重の債務を整理してその後の生活をよりよいものにするという意味で、ポジティブな側面をもっていることを忘れてはいけません。自己破産は自分自身でも手続きは可能ですが、多くの場合弁護士を通じて債務整理、自己破産手続き、裁判所での審問などの手続きを経て完了します。

自己破産をすることで、いわゆる個人の信用情報機関にはブラックリストとして登録され、それは7年程度保存されるといわれています。確かにブラックリストに載っている間は、大手のカードローン業者を中心に、消費者金融系・銀行系・信販系・流通系どれをとっても融資を受けるハードルが高くなることは間違いありません。

しかし、それでも自分自身の借金の大部分が整理され新たな人生を送ることができますから、そうした前向きになっている人を応援する上でもカードローンをしてくれるカードローン業者がいることは覚えておいてもよいでしょう。

特にカードローン業界は現在激しい競争下にあり、多くの業者が様々なより良いサービスを提供するべく、企業努力をしています。その中で、特に中小のカードローン業者は大手業者のようにたくさん広告を出せるわけでもなく独自の方法で顧客を獲得しようと努力しています。

その一つは過去に自己破産をしてしまった方への融資です。カードローン業者の競争力の秘密の一つはいかに顧客の信用状態を見極めて融資をできるかにかかっており、自己破産したからといって、ブラックリストにのっているからといって、一律に審査で落としてしまうのではなく、もう少し詳細をみていって信用状態を確認する業者もいます。このような業者では、額は少額かもしれませんが、自己破産をした顧客に対しても融資をしてくれますので、ポイントは自分で勝手に判断したりあきらめたりせずに、まずは業者に相談してみましょう。必ずそういった実績のある業者ですと、親身に相談に乗ってくれます。自己破産は前向きに新しい生活を始めるための制度ですので、そのためにカードローンを利用するときは、しっかり計画的に利用しましょう。