キャッシングの返済情報なら

カードローンを利用する上でのポイントについて説明します。

カードローンを初めて行う人も十分に慣れている人も意外と全体像を把握しているわけではないので、後で知って驚くことや後悔することも多いのではないでしょうか。カードローンが必要なときというのは、通常お金ができるだけ早く必要で、切羽詰った状態が多いですから、しっかりと内容を理解して申込みをしているとは限りません。そこで、ここでは申込みから返済まで忘れてはいけないポイントを見ていきましょう。


第一に申込みをするに当たってカードローン業者を選ぶわけですが、ポイントは自分のニーズをしっかり理解して、業者を選ぶことです。スピードが第一でしたら、消費者金融系・銀行系のカードローン業者では申込みから実際の融資額の振込みまで24時間かからずに行ってくれる場合があります。金利をポイントにするならば、一般論ですが、消費者金融系は銀行系に比べて高めです。逆に審査の通りやすさでいいますと、銀行系は消費者金融系に比べて、審査がやや厳格になるという傾向があります。また融資希望額の多寡に関しては、銀行系が大きく、消費者金融系は小さいです。


第二に、申込み方法では消費者金融系・銀行系共にウェブやファックスなど来店や郵送なしに申込みを完了できる仕組みが整っています。とりわけ銀行系ですと、その銀行に銀行口座がある場合などはすでに利用者の情報がある程度把握できているので、審査に必要なプロセスが比較的簡便にできます。またカードローンをする上で必要なカードも現在使っている銀行のキャッシュカードをそのまま流用できたりなど、利便性があります。

第三に、融資の返済の話ですが、多くのカードローン業者は残高スライドリボルビング方式を採用していますので、可能な限り繰り上げ返済をすることがポイントです。繰り上げ返済で元本をどんどん減らすことで、将来にわたって支払わなければならない金利の額は減りますので、余裕がある月はカードローン業者への繰上げ返済を最優先に行うことがポイントとなります。

最後に、実際の融資までのプロセスや返済金額の計算方法など、わからないことはたくさんあると思いますが、それをしっかりカードローン業者に聞きましょう。時間がないのはわかりますが、それでも聞いていなかったとか知らなかったということがないよう、最低限のポイントを理解することが大変重要です。