キャッシングの返済情報なら

カードローンが必要となるきっかけとなったディナーの話です。

カードローンが必要になるときは、突然やってきます。わたしの場合もそうでした。それは、去年の秋頃のことです。その頃私はとあるメーカーのマーケティング職についていました。この仕事は東京の本社にしかなく、東京が大好きだった私にとっては、居心地も良く仕事ものっていて、職場の人間関係も良好で言うことなしでした。また、3年ほど付き合っていた彼女もいて、映画やどらい、ディナーに行ったりと、私生活も順調でした。

そんなある日、上司との面談でいきなり地方の販売店への異動の内示を受けました。組織に属する以上、こうした上司からの転勤の要請に対して断ると言うこともできたのかもしれませんが、さすがにうちの会社にはそのようなカルチャーはなく、唯々諾々と従わざるを出ませんでした。しかも異動日は、2週間後とあまりにも短く、引き継ぎや残務整理などで、いちにちいちにちがあっという間に過ぎていきました。そんな時やっとのことで彼女との時間を作り彼をディナーに招待しました。
彼女には全く転勤のことについては伝えていなかったので、ディナーの席上でようと思っていたのですがそれよりも先に驚きのことを聞かされることとなりました。実は彼女が妊娠していたのです。正直全く準備もできていなかったので、呆然としてしまい、ディナーどころではなくなってしまいました。

でも、そのディナーの帰り道で決心をして、きちんと責任を取りたくて彼女にプロポーズしました。

こうして転勤と結婚が一度に決まったのですが、そのせいでいろいろな費用も一度にかかることに。そこでさっそくカードローンを申し込み、結婚関係の費用をまかなうことができました。実は経済的な点が僕が結婚の決断をする時に1番のネックだったんですが、ネットから申し込みができて、すばやい審査ですぐに融資をしてくれる、カードローン業者のおかげでこうした心配を吹き飛ばすことができました。

あのディナーから 1年が経ち、今では 妻と子供と3人で幸せに暮らしていますが、あの時カードローンの存在を知らなかったら、どうなっていただろうと思うとゾッとします。でも、本当にカードローンがあってよかったと思っています。自分の大事な決断をするときに金銭的な理由以外は何も問題がないのに、ただそれだけであきらめたり、決断できないのはもったいないことだと思います。