キャッシングの返済情報なら

先月カードローンを利用したときの体験談です。

カードローンの理由は様々ですが、急に出費がかさむことでカードローンの申込をしなければならないということは誰にでも起こりうることです。私の場合先月起こしたスピード違反で、35000円の罰金を払わなければならないことになり、カードローンの申込をしました。先月妻と二人で帰省した後の帰り道のことです。ある道の駅で買い物をしたりちょっと休憩をした後、そこを離れて高速道路に入り、10分程度たったときです。妻がサイフがないといいはじめました。おそらくその道の駅の売店に置き忘れたとのことで、急いで次の出口で降りて、元来た道を急いで戻ることに。私自身、いつもは安全運転で、法定速度よりもちょっと出す程度で今までスピード違反を受けたことはなかったのですが、妻がとても心配そうにしていたので、ちょっとアクセルを深く踏んでしまっていました。ただ道路は比較的すいていてほとんど私と同じぐらいのスピードで流れていたので、大丈夫だろうと思っていたのですが、次のインターチェンジで降りるというときに、急ぐあまり何台か追い越しをして、その集団の先頭に立ったときのことです。
後ろから覆面パトカーがやってきて、停車指示が出ました。警察官の方には、何キロ出してたか聞かれたのですが、正直きちんと覚えていなかったのですが、結局38キロオーバーとのこと。かろうじて赤切符は免れたのですが、それでも35000円の罰金が課されることに。
結果としてサイフはあったのでほっとしたのですが、罰金を支払わなければならずとても落ち込んでしまいました。ちょうど家計も苦しい時期で、35000円をここで払ってしまうと給料日までまだ日にちがあったので厳しいな、と思っていたときに、独身時代に一度使ったカードローンを思い出しました。そのときはわざわざ店舗に出向いてカードローンの申込をしたのですが、今はスマホからも申込ができて、あっという間に融資を受けることができました。しかも、1週間は無利息だったので、金利は一切支払うことなく給料日に返済することができました。確かに罰金を受けたことはとてもショックでしたが、カードローンのおかげでそれ以上に悩むことなかったのは不幸中の幸いといえます。これからも、何かあったときはためらわずカードローンを申込したいと思います。