キャッシングの返済情報なら

残高スライドリボルビング方式の詳細を説明します。

カードローンを利用するときに「ご返済方式」という欄を確認したことがありますか。とにかく今はお金が必要だからといった理由でこうした返済方法の部分を確認せずに融資を受けていないでしょうか。カードローンは返済する期間が長いので、きちんと借りる前に返済方法を理解しておくことが大変重要です。
カードローン業界における返済方法で主流なのは残高スライドリボルビング方式と元利定額リボルビング方式です。残高スライドリボルビング方式とは、借入後の元金残高に応じて毎月返済しなければならない金額が変更する返済方式を指します。他方、元利定額リボルビング方式とは、利用金額に関わらず、一定額の元金とそのときに発生している利息を返済していくという返済方法です。さらに残高スライドリボルビング方式は厳密に言えば2つにわかれ、さらに残高スライド元利定額リボルビング方式と残高スライド元金定額リボルビング方式に分かれています。前者は月々の支払額はスライドするものの一定でその支払った一定額の中から金利分を引いた残りが元本の返済に充てられます。後者は、支払うべき元金が一定額(もちろん、残高によってこの支払わなければならない元金額は変化します)で、これに金利額が上乗せされます。
残高スライドリボルビング方式と元利定額リボルビング方式の最大の違いは、元金と利息を合わせた合計支払い額が一定になるか否かです。前者の場合は元金が一定なのに対し、後者は「元利定額」、すなわち元金と利息が一定額になるので残高がどれだけ減るのかがちょっとわかりにくいということはあるかもしれません。いずれにせよ、残高に応じて返済すべき額が減少していくので、返済している努力の成果が現れるという意味ではどちらの場合でも優れた返済方法の一つといえるでしょう。
もともと定額払いの場合は負債の大小に関わらず、返済総額が一定なので融資を受けている残高が高額になればなるほど元金がなかなか減らないという問題がありました。他方、定率払いと呼ばれる方式ですと残っている元金の一定割合を返済していくので、残高が小さくなると支払うべき額も小さくなり結果として返済が長引くという欠点があります。そこで定額払いと定率払いの短所を克服するために考案されたのが残高スライド方式なのです。これらの返済方法の違いをしっかり理解して、しっかり返済していきましょう。