キャッシングの返済情報なら

様々なカードローンの返済方法を紹介します。

カードローンの返済方法といえば、どういう風に返済額が決定されるか、その意味での返済方法が中心に語られることが多いのではないでしょうか。カードローン業界における返済方法で有名なのは残高スライドリボルビング方式と元利定額リボルビング方式で、これらの計算方法をしっかり理解することも大変重要ですが、もう一つ返済方法で重要なのは、どうやって返済するのか、つまり返済手段についてもきちんと理解することが必要です。
返済方法はカードローン業者によって様々ですが、大手の消費者金融系・銀行系のカードローン業者の返済方法を見てみると、大きくわけて5つあるといえます。まず一つ目は、一番原始的な方法ですが、来店して返済するということです。しかし、これだとわざわざカードローン業者の店舗まで出向かなければならず、24時間やっていないため、仕事が忙しいかたには返済するのが難しくなってしまいますし、そのための移動にも時間がかかってしまいます。
二つ目の方法は銀行振り込みです。通常融資をしてもらった場合に、返済方法の中に銀行振り込みという欄があり、そこにはカードローン業者がもっている銀行口座の詳細が書いてあり、そこに融資を受けた人は自分の銀行口座や銀行のATMから振り込むことでお金を返すという返済方法です。しかしこれもわざわざ銀行のATMに行かなければならなかったり、銀行のATMを探す手間が生じますし、振込み手数料がかかってしまいます。
三つ目の返済方法は提携ATM / 業者のATMを使う方法です。この場合、大手ですと銀行以外にもコンビニにあるATMでの返済も受け付けているので、家の近く、最寄り駅の近くにあるATMを使って返済することが可能となります。さらに通常手数料は無料なので、銀行振り込みのような追加コストが不要なのも安心です。ただし、気をつけなければならないのは、提携ATMだと一括払いができないということがあるので、注意が必要です。
四つ目の返済方法は、自動引き落としです、この場合、あらかじめ自分が引き落としてほしい銀行口座の詳細を伝えることで自動的にカードローン業者への返済をしてもらうという方法です。この方法は一度設定してしまえばこちらから何もする必要はありません。
最後の方法はウェブ上からの返済です。好きな額を好きなタイミングで返済でき、家からでも職場からでも、スマホからでも操作ができ、24時間受け付けてますし、一括払いも可能なので、一番フレキシブルな返済方法といえるでしょう。