キャッシングの返済情報なら

飲み屋で働いている女性でもカードローンが利用できる話です。

カードローンの利用はサラリーマンや主婦といった一部の人しか利用できないと考えている人はいないでしょうか。例えば飲み屋で働く女性など、いわゆる水商売と一般的に呼ばれている人たちもカードローンを利用することはできるのです。もちろん勤務している企業名・規模が個人の信用力に影響を全く与えないというつもりはありませんが、それよりもどのくらい安定的に収入を得ているか、勤続年数は?など様々な観点から個人の信用力を審査しており、飲み屋で働いているから、というただそれだけの理由で審査に落とされるということはありません。
多くの銀行系・消費者金融系のカードローン業者では、レディースローン、女性向けローンといった名称で主婦や働いている女性、飲み屋やキャバウラなどで働いている女性たちを対象に多くの融資実績があります。
さらにこういったレディースローンでは、はじめての利用者向けに借入全額を30日間無利息にするといったサービスや、借入額のうち5万円までなんと180日すなわち半年間も無利息といったサービスを提供するなど女性にとって使いやすいカードローンを目指して企業努力をしています。特に飲み屋で働く女性など、保証人や担保がない場合も多いと思いますが、全く心配はいりません。通常こういったカードローンでは、カードローン業者の親会社や関連会社が保証人となるため、担保・保証人が不要という条件なのがほとんどです。ただし、といはいっても年齢制限があり、大手ですと満20歳以上ではないとそもそもカードローンの申込みができない、ということがありますので注意が必要です。
飲み屋で働いているから、水商売をしているから、キャバクラで働いているからカードローンは利用できないと考えている人は、まずその固定観念を捨てて、カードローン業者に問い合わせてみましょう。女性の担当者が応対してくれる女性専用の受付番号がある業者が多くありますし、仮に男性の担当者が出たとしても、女性に代わってもらうようお願いすれば、快く女性の担当者に代わってもらうことができるでしょう。
繰り返しになりますが、自分で勝手に判断せず、カードローンを利用できるか問い合わせることが大事です。カードローンが利用できるか否かで、自分自身の生活にも安心が生まれ、いざというときのセーフティーネットになります。